住宅ローンいくら借りられるのか

いつかは自分の家を、とはいっても、具体的イメージがわきにくいかもしれません。住宅の購入は金額が大きすぎるので、ほとんどの人が住宅ローンを組みます。何千万円の買い物なので、普段の買い物とはイメージが違いすぎて、具体的な計画が立てにくいでしょう。

 

しかし、実際に動き出さなければ自分の家を持つことはできません。漠然といつかは持てたらいいなと思っていても、行動に結びつかないので、具体的にいくら必要でいくら借りて、いつまで返済すればいいのかを数値化する必要があります。

 

 

住宅ローン借りられる?

住宅購入については、まず自分がいくら借りられるのかを知らなければ計画も立てられません。住宅ローンも好きなだけお金を借りられるわけではなく、上限があります。例えば年収400万円の人も700万円の人も、同じ金額のローンを組めるわけにはいかないのです。

 

頭金を除いて2000万円のローンを組みたいと考えているとして、果たして自分の年収でも借りられるのかどうか、目安を知らなければいけません。

 

年収によって借入れできる金額が変わる

ローンを組む金融機関によって審査結果も借入れできる金額も異なります。それでも大体の傾向はあります。借入れできる金額と年収の関係については、単純に年収400万円なら2000万円借りられるというようなものではありません。借入金額ではなく、毎年の返済額の年収に対する割合で決まります。目安としては年収が400万円以下なら30%、400万円超なら35%です。

 

年収が400万円だとすると、その30%の120万円を超える返済額であると融資を受けられません。元利均等返済で年利4.0%、返済期間が25年のローンだとすると、借入れ可能額は1894万円です。

 

少し話はそれますが、消費者金融で借りるキャッシングローンの場合には年収の3分の1までと総量規制によって決められています。同じローンではありますが、住宅ローンと消費者金融プロミスなどで借りるキャッシングローンでは、全くの別物となっています。

 

年収が低くても借りる方法

先ほどの例では年収が400万円だとすると、2000万円を超える金額の借入れは難しそうに見えます。これ以上の借入れをする方法として、年収を上げるという手もありますが、年収が急に上がるものではありません。

 

現実的な方法としては、返済期間を長くとる手があります。同じ条件でも返済期間が35年の場合、それだけ毎月の返済額は下がります。結果として2258万円まで借入れ可能額が増えます。これなら2000万円を超える住宅ローンも現実的なものになります。

 

借りられればいいわけではない

住宅ローンは借りるのが目的ですが、完了は完済までです。返済ができない、無理があるローンはいずれ自分を苦しめます。例えば住宅ローンを35年に延ばしたとして、現在の年齢を考えて返済ができるかどうか、生活ギリギリの金額でローンを組んだとして、何かあった時に生活が破たんするのではないか、よく考えて組まなければいけません。

 

今の住宅ローンの返済負担が大きいと感じるなら、上記のそれぞれの内容を理解した上で住宅ローンの借り換えを考えてみるのも良いでしょう。借り換え先の情報や低金利で借りられる住宅ローンの最新情報を知るなら、こちらの住宅ローン借り換え比較をよく見ておくと良いでしょう。