いくらなら返済できるか

住宅ローンを組むときには、いくら借りられるかだけでなく、いくらまでなら返せていけるのかも考えなければなりません。人生で何度も借りるケースは稀なので、毎月10万円と言われればそういうものだと思うかもしれませんが、適正な返済額を知っておかないと生活する上で支障が出るだけでなく、せっかく購入した家を手放すしかなくなる可能性も出てきます。

 

住宅ローンの返済額は家計にとって大きな負担です。年収500万円だとすると、借入れ可能になる返済額は35%の175万円までですが、これだけの金額を毎年返済するのは結構な負担になります。

 

年収500万円だとしても、税金などで差し引かれた手取りは400万円程度になるのが一般的です。そこから175万円を住宅ローンの支払いに充てた場合、手取り225万円で生活をしていかなければなりません。

 

2年や3年で完済するような種類のローンではないので、返済期間中に様々なライフスタイルの変化が訪れます。出産がきっかけで妻の収入がなくなる、養育費や教育費がかかるなどで、住宅ローンの支払いそのものが困難になるケースもあります。

 

35%まで借りられるとしても、毎月の生活とのバランスを考えると35%の負担は大きいです。一般的には年収の25%以下に抑えるべきだといわれています。

 

もちろんそれ以外にローンの利用があれば返済の計画はずれ込みます。特に高い金利となる消費者金融などから借りてしまうと毎月の返済が苦しくなりますので、消費者金融で借りている場合にはオリックス銀行への借り換えを考えておくと楽になります。