固定金利と変動金利

住宅ローンを組むときには、固定金利と変動金利の2種類があります。名前の通りの解釈で、固定金利の場合には金利が変わりません。変動金利の場合には返済途中でも金利が変動します。

 

固定金利では金利が一定なので、住宅ローンを組む時に最終的な支払い期間や金額まで決まります。計画が立てやすいのは圧倒的に固定金利のタイプです。また、金利が変わらないので金利上昇のリスクを抑えられるので、安定して返済計画を立てたい人に向いているといえます。

 

一方変動金利では金利の見直しが行われます。とはいっても毎年見直しがされるわけではなく、通常は4月と10月に金利の見直しがされます。金利が下がれば利息も抑えられるので、返済総額を減らす効果もあります。

 

このように説明をすると、金利上昇のリスクもある変動金利よりも、安定して計画の立てやすい固定金利の方が有利に見えますが、変動金利にもメリットはあります。一般に固定金利よりも変動金利の方が低金利です。住宅ローンは借入れの金額も大きいので、少しの金利の差が返済額に大きく影響を与えます。低金利であるというだけでもメリットは大きなものになります。

 

また、変動金利だからといって、見直し毎に返済金額が変わるわけではありません。返済額の見直しは5年毎です。ただし、その分返済期間が延びる可能性はあります。

 

じつは住宅ローンだけでなく、マイカーローンや銀行のカードローンの中でも変動金利となっているタイプは多いです。マイカーローンは金利の見直しがされる可能性がありますが、カードローンは変動金利だとしても金利はほとんど変動せず、低金利で借りられるイオン銀行カードローンの金利においても、変動ではありますがほとんど動きません。