年収合算とは一体なにか

住宅ローンでは年収と返済負担率から融資可能かどうかが決まってきます。年収が低ければそれだけ住宅ローンでは不利となります。実際に収入と見合わないローンを組んでしまえば生活も成り立たなくなるので、不利になるのは仕方がありません。

 

しかし、今は共働きも当たり前の時代になっています。夫の年収が十分でなくとも、妻の収入を含めて生計を立てている家庭はいくらでもあります。もしも妻も働いていて収入がある場合には、これも含めて住宅ローンの審査を受けられます。これを収入合算というのですが、夫婦の年収を合算すると返済額が多くても住宅ローンの融資を受けられる場合があります。

 

例えば夫の年収が450万円だとしても、妻に150万円の収入があれば、併せて600万円の収入を得ているとしてローンを組めます。

 

また、年収合算の対象は妻だけではありません。もしも親との同居を前提とするならば、自分の親の年収と合算するという方法もあります。これならば妻が専業主婦で働いていなくとも、住宅ローンの自由度があがります。

 

収入合算によってローンを組む方法は、住宅ローンを組むうえで助けにもなりますが、デメリットもあります。例えば妻が出産を機に退職した場合や、親が事故などで収入を失った場合のリスクが高くなってしまう点です。他の人の収入があるからと安易に考えず、完済までのライフスタイルを見越して考えたうえで利用を決めるべきです。

 

住宅ローンに限らずお金を借りる場合にはしっかりとした返済計画が必要となりますので、手軽に借りられるアコムの来店不要即日融資であるしても、完済までのビジョンはしっかりと持ってください。